シーズンオフは道具いじりの時期でもあります。
今やっているのはフロントバックのカスタム。

このフロントバック、どこのものかというと実はSUP用のもの。

「UNBYの公式ページより引用」

「アッソブ」というバックブランドからリリースされています。
AS2OV アッソブ TPU WELDER SOFT SACOCHE サコッシュ 420D TPU WELDER SERIES
これをフィッシングで使えるようにカスタムしました。


昨年のシーズン途中で採用したのですがこれがいい感じ。
何がいいってこのバック防水性が高いのです。
SUP用とあって防水性の高さといい、フロントバックの大きさといい、ちょうどこんなギアを作りたいなーと思っていたらたまたま店頭で見つけ、「おっ!これは!!」と閃いて即買い。
早速使用してみるといい感じだったので、ガイドの必須ギアとなりました。
以前使っていたフロントバックは使い勝手は良かったのですが、雨が降ると中身がびちゃびちゃになってその度に乾かす手間があっのですが、このバックはほとんど水が入らないのです。
高い防水ジッパーではあるのですが、完全防水ジッパーでは無いので、完全に水の侵入を防ぐことは無理なのですが、今のところかなり防水性は高く、大雨でも水の侵入はほとんどないです。
生地も420Dナイロンという完全防水のマテリアルを使っています。
あと適度に引っ掛けるリングなどがついているので、工夫次第でツールなどを付け足すことができるのもいい。
それとスマフォを入れる小さなロールサコッシュがついています。
別にスマフォでなくても、たとえばGopro用の電池や濡らしたくない紙類のものを入れてもOK。


バックパックと組み合わせるとこんな感じ。
使用頻度が高いラインカッターや交換用ティペットとフライパッチなどを設置できるようにカスタムしています。


こちらは昨年10月にSUPでフライフィッシングをしているシーン。
セッティング例としてのイメージとしてみていただければと思います。
渓流でのフライフィッシングとほぼ変わらない格好です。


横から見るとこんな感じです。
ガイドとしては毎日のことなので、機能性はもちろんのこと快適で使い勝手がいいものをどんどん採用し、現場で使えるようカスタムしていきたいと思います。
もちろん格好もよろしくないと嫌なので「かっこいいギアの組み合わせ」も意識してます。
では今日はこの辺りで。

山陰トラウトフィッシングガイド「STF」お問い合わせ先 
ご予約は下記までMail:threegr0119@gmail.com 
TEL:080-8526-8756 THREE  GROUNDS 代表 松井伸吾 
平日も予約できます。*大型連休もやってます
詳しくはお問い合わせください
ブログ: https://sanintroutfishing.com/blog/ 
山陰トラウトフィシングガイドSTF公式HP:http://sanintroutfishing.com/ 
Facebook:https://www.facebook.com/stfguide 
Instagram:https://www.instagram.com/stfguide/