STF番外編ツアー 2024 NewZealand北島編①

North Island, New Zealand

先日はSTF番外編ツアーとしてゲスト様2名とニュージーランドに行っていきました。
日程は8日間。
今回の舞台はニュージーランド北島です。


旅の始まりはまず関西国際空港から。
空港の雰囲気って旅に出るぞっ!って感じになるのでいつもワクワクしますね。
往路のフライトは関空〜香港〜オークランドという香港経由の長時間フライト。
コロナ禍に入って関空からのニュージーランド直行便が無くなって今では経由のみ。
早く直行便が戻ってきて欲しいものです。


まずはキャセイパシフィックにて香港へ。


香港での待ち時間は3時間。
待ってる間は当然これですw


ニュージーランド航空はカッコいいですね。
オールブラックスを思わせるブラックをベースにシルバーファーンのデザイン。


機内食。
カトラリーがウッドなところがNZらしい。


ここでまた誘惑が…
ニュージーランド航空の魅力の一つといえばワイン。
いくつものNZ産ワインの提供があり、ついつい飲んでしまいますw


おすすめはやはりソーヴェニオンブラン☆
NZに着く前からワインを楽しめます。


Kia ora!(マオリ語で「こんにちは!」)
オークランド着☆
いつものマオリの門がお出迎え。
いやーやっぱりフライト時間長いですね。
香港からオークランドまでは約11時間くらいです。
でもまだまだ移動は続きます。


レンタカーを借り、さらに移動。
本日は釣りはなく移動のみ。
タウポへ向かいます。

オークランド郊外へ出ると徐々に牧場風景が増えてきてNZらしい景色に変わってきます。
癒されますねー。


途中、ランチでカフェへ立ち寄り。

NZではポピュラーなパイを食べる。
これが美味いんですよねー。
色んな味があるんで選ぶのに困ってしまいます。
これは確かチーズ&ハム&ミートだったかな?


NZはアイスクリーム消費世界一の国。
当然アイスも美味い。
ただお目当てのホッキーポッキー(ハチミツ入ったアイス)が売り切れていた、残念。

Huka falls(フカ滝)


タウポに着く直前にあるフカフォール。
いつ見てもすんごい水量です。


天気がいいので気持ちがいい!

フライフィッシャーなら誰もが気になってしまうw


Lake Taupo着。
本日はここで1泊。
タウポでは釣りしません。
目的地はまだまだ先なのです。


タウポにあるトラウトのオブジェ。


街を歩けば色々と見つかるトラウトの絵や文字。
そうタウポは世界中のトラウトフィッシャーが集う場所の一つ。
こういうのいいですよね☆
こんな街、日本でもあったらなーと思います。


タウポのローカルショップ。
ここでショップ店員さんとコミュニケーションをとったり、ローカルフライを買ったりするのも楽しみの1つ。
ここでいくつか参考になりそうなフライを購入☆
そういえば店内様子の画像を撮るのを忘れてました。


なにわともあれまずは乾杯!
まずはおすすめのNZビール「Tui」から。


NZはビール大国。
ご当地に様々なビールがあり、めちゃくちゃ種類があります。もちろん美味い!


MONTEITH’Sのビールも大好き。
南島のWest coastにあるビール会社です。


NZの食材をふんだんに使った料理の数々。


当然NZのソーヴェニオンブランと合わせるのがGood!
ご当地の食材とお酒を堪能する、これぞ旅の醍醐味です。


Motelに戻ってからも飲みw
テンション上がるラベルのビールを飲んでさらにモチベーションをあげていきます。


翌朝。
まずはフラットホワイトで目を覚まします。
NZはカフェ大国。
特にこのフラットホワイトは超おすすめ。
カプチーノに近いけど違います。


シャレおつにベーグルとフラットホワイトで朝ごはんをいただきます☆


途中、スーパーで買い出し。
スーパーの買い物も楽しいんです。
NZは酪農大国なので、肉やチーズが安くて美味しい!



あと忘れてならないのがこのグリーンマッセル。
NZにしか生息していないムール貝。
これの白ワイン蒸しが最高なんです。


続いて向かったのは…


景色の良いこのおしゃれな建物は


ワイナリーです。
ここはビストロも併設しており、最高の景色を眺めながら食事とワインを楽しめます。
我々は先を急ぐので今回はワインのみの購入。


シャルドネとシラーを購入☆
飲むのが楽しみです。


さらに移動。
ここはホークスベイ地方のネイピア。
海が美しい。


途中、4年前にも訪れた川を覗いてみました。
昨年に大水が流れたようで、その爪痕が結構残っていました。


Motelに着。
ここが今回の拠点となる宿になります。
日が暮れるまでにまだ時間があるので、夕方だけちょっと釣りに行くことに。


入渓地点でパシャ!
バックにあるのはFish & GameのAngler accessの看板です。


もうすぐにでも釣れそう。


まずはフライのシステムとポイントの流し方をレクチャー。


レクチャー中に釣れてしまったレインボー。
気温が高かったためか深場に魚が落ちていたようです。
ヘビーニンフを流し込むと1発で食ってきました。
ゲストのMさんもヒットしたのですが残念ながらバレてしまいました。
残念でしたがまあ明日からが本番です。今日は下見と肩慣らしです。
明日から気合いを入れていきますよ!


今回のブログはここまで、明日からいよいよ本格的なNZフライフィッシングの始まりです。
ではまた次回をお楽しみに☆

フエルコカフェ出展


今年もやります、フエルコカフェ2024。
山陰トラウトフィッシングガイドコンテンツはWilderness(ウィルダネス)ブース内でご案内しております。
詳細はこちら→ Huerco cafe2024

フエルコカフェ2024
日程:2月2日(金)、2月3日(土)、2月4日(日)
会場場所:大阪南港ATCビル10F(ODP・大阪デザイン振興プラザ)
〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビルITM棟 10F 地図
時間:11:00~18:00
内容:フリードリンク(Cafe)、ブランドブース出展、製品展示および販売、ワークショップなど。
入場料:無料


画像は昨年の様子です。


今年もイベント限定商品を出品する予定です☆


一つはガイドで実際に使用しているオリジナルフライを「Wildernessオリジナルフライ」として出品いたします。
鳥取のフィールドで実績の高いパターンをいくつか展示販売予定。
シーズナルパターン、シーンによって使い分けるパターンなど、普段ガイドで使用頻度が高いオリジナルフライです。


あとニュージーランドで使用するフライも一部出品しますので、こちらも是非チェックしてみてください。
これらのパターンは北海道でも十分効くので北海道好きの人にもおすすめです☆


そしてホーキミノーもフエルコカフェ限定カラーを出品いたします。
数がめっちゃ少ないので気になる方は早めに来てくださいね。
生産の都合上、ちょっとしかご用意できそうにないです。
イベント開催期間の3日間に分けて出品しますので、1日数個の販売と思ってください。

もちろん、販売だけでなくガイド予約に関しても承っております。
日程や釣りに関するご相談などなんでも聞いてくださいね。
コーヒー片手にゆっくり談義しましょう☆


他のブランドさんも魅力いっぱいです。
皆様のご来場お待ちしております。

山陰トラウトフィッシングガイド「STF」お問い合わせ先 
ご予約は下記までMail:threegr0119@gmail.com 
TEL:080-8526-8756 THREE  GROUNDS
代表 松井伸吾 平日も予約できます。*大型連休もやってます。詳しくはお問い合わせください。
ブログ: https://sanintroutfishing.com/blog/ 
山陰トラウトフィシングガイドSTF公式HP:http://sanintroutfishing.com/ 
Facebook:https://www.facebook.com/stfguide 
Instagram:https://www.instagram.com/stfguide/

ギアカスタム


シーズンオフは道具いじりの時期でもあります。
今やっているのはフロントバックのカスタム。

このフロントバック、どこのものかというと実はSUP用のもの。

「UNBYの公式ページより引用」

「アッソブ」というバックブランドからリリースされています。
AS2OV アッソブ TPU WELDER SOFT SACOCHE サコッシュ 420D TPU WELDER SERIES
これをフィッシングで使えるようにカスタムしました。


昨年のシーズン途中で採用したのですがこれがいい感じ。
何がいいってこのバック防水性が高いのです。
SUP用とあって防水性の高さといい、フロントバックの大きさといい、ちょうどこんなギアを作りたいなーと思っていたらたまたま店頭で見つけ、「おっ!これは!!」と閃いて即買い。
早速使用してみるといい感じだったので、ガイドの必須ギアとなりました。
以前使っていたフロントバックは使い勝手は良かったのですが、雨が降ると中身がびちゃびちゃになってその度に乾かす手間があっのですが、このバックはほとんど水が入らないのです。
高い防水ジッパーではあるのですが、完全防水ジッパーでは無いので、完全に水の侵入を防ぐことは無理なのですが、今のところかなり防水性は高く、大雨でも水の侵入はほとんどないです。
生地も420Dナイロンという完全防水のマテリアルを使っています。
あと適度に引っ掛けるリングなどがついているので、工夫次第でツールなどを付け足すことができるのもいい。
それとスマフォを入れる小さなロールサコッシュがついています。
別にスマフォでなくても、たとえばGopro用の電池や濡らしたくない紙類のものを入れてもOK。


バックパックと組み合わせるとこんな感じ。
使用頻度が高いラインカッターや交換用ティペットとフライパッチなどを設置できるようにカスタムしています。


こちらは昨年10月にSUPでフライフィッシングをしているシーン。
セッティング例としてのイメージとしてみていただければと思います。
渓流でのフライフィッシングとほぼ変わらない格好です。


横から見るとこんな感じです。
ガイドとしては毎日のことなので、機能性はもちろんのこと快適で使い勝手がいいものをどんどん採用し、現場で使えるようカスタムしていきたいと思います。
もちろん格好もよろしくないと嫌なので「かっこいいギアの組み合わせ」も意識してます。
では今日はこの辺りで。

山陰トラウトフィッシングガイド「STF」お問い合わせ先 
ご予約は下記までMail:threegr0119@gmail.com 
TEL:080-8526-8756 THREE  GROUNDS 代表 松井伸吾 
平日も予約できます。*大型連休もやってます
詳しくはお問い合わせください
ブログ: https://sanintroutfishing.com/blog/ 
山陰トラウトフィシングガイドSTF公式HP:http://sanintroutfishing.com/ 
Facebook:https://www.facebook.com/stfguide 
Instagram:https://www.instagram.com/stfguide/

STFガイド番外編ツアー


本年度(2024年)より「STFガイド番外編ツアー」と称しまして、海外遠征&国内遠征ツアーを開始いたします。
昨年ブログでもアナウンスしています通り、私が通っているニュージーランドや沖縄などのFishing Trip(釣旅)を一緒に楽しみませんかという内容です。
このツアー企画の時期は渓流のシーズンオフ時(10月〜翌年2月)がメインですが、渓流コンディションが厳しい3月と8月あたりも検討してます。
今現在、具体的に決まっているツアーは下記2つです。まずはこの2つのツアーの内容について簡潔に説明いたします。
(*今後他の地域も増やしていく予定です)

・ニュージーランド(北島 or 南島)ツアー
・沖縄の離島ツアー

ニュージーランドツアー


ニュージーランドは世界的にも有名な鱒釣り大国。
北島と南島に分かれており、主にレインボートラウトとブラウントラウトがターゲット。各地域でそれぞれフィールドに特徴があり、日本と同じ四季があります。


トラウトのサイズ、グッドプロポーションに驚くことはもちろん、釣りをするロケーション、大自然に感動することでしょう。


NZのトラウト達は素晴らしい魚体ばかり。
トロフィークラスが釣れるのも夢ではありません。


グルメも美味しい地元のクラフトビールやワインが堪能できます。
NZといえばラム肉が有名ですが、それだけでなく魚介類もいいんです。
おすすめはグリーンマッセルというNZにしかいないムール貝。
食も存分に楽しめるNZを是非味わって欲しいです。

ニュージーランドツアーの費用ですが、スケジュール(滞在日程)やエリア、その時のレート等によって変動しますが、約40万〜45万円くらいになります。詳しい費用についてはお問いわせください。
NZツアーの場合の支払いですが、旅行代理店を通じての支払いとなります。(トラウト&キング様など)
*領収書発行などの関係上、旅行業務取扱管理者を通じての支払いになります。
*食費やライセンス、ガソリン等の現地でかかる料金は別途となります。

沖縄離島ツアー


続いて沖縄離島ツアーです。
とある取材で沖縄の離島に行くことがあり、それがきっかけとなって3年前くらいから南国のソルトウォーターにハマり始めました。
ハマった理由はなんといっても綺麗過ぎる、美し過ぎるこの海!
美しいビーチやリーフ(珊瑚礁)でロッドを振ることができる幸福感は行った者にしか味わうことができません。日本もまだまだ世界に負けない素晴らしいフィールドがあることを認識させられます。


カラフルで個性的、そして美しい南国の魚達。
ファイトも強烈でしっかりしたタックルで挑まないと余裕でぶっち切られます。
キャスト技術やルアー、フライの操作、潮位や魚の付き場の読み、魚とのファイティングスキル等、かなりテクニカルでゲーム性が高いです。
掛けてもなかなか獲れないターゲットもいるので、何度でも挑戦したくなる魅力があります。
そして沖縄の離島にはまだまだ未開拓のフィールドがあります。
そんな未知の離島を開拓する楽しみもありますね。


あと釣り以外のアクティビティでおすすめなのがシュノーケル。
美しい珊瑚礁と魚達と一緒に泳ぐのは本当に楽しい☆


泳ぐと分かるのですが、釣りをしている目線と水中の目線は違います。
自分たちが釣りをしていたポイントを実際に泳いでみると色んなことが分かり、多くの学びがあります。
ロッドを置いて、違う観点からポイントを見ると面白いです。


もちろん沖縄グルメも堪能します☆
美味しいことはもちろんのこと、離島の居酒屋ならではの雰囲気はなんとも癒されます。


夜は島のBarで泡盛やカクテルを飲みながら釣り談義。
釣り、自然、グルメ、アクティビティ、島の癒し…
語り尽くせないほどの魅力が沖縄の離島にはあります。

沖縄離島ツアーの費用ですが、3泊4日、4泊5日ほどで10万円以内で済むことが多いです。
(*内容により変動します)
また移動時間が少なく、大阪からだと飛行機で2時間半で那覇に着き、そこから離島行きフェリーに1時間ほどなので早ければ午前中にはあの夢ような景色の場所に着きます。
最近はLCCが増えてかなり手軽に沖縄の離島に行けるようになりました。
この手軽感も沖縄離島の魅力です。
色んな離島があるので今後は様々な沖縄離島をTripしていこうかと思っています。

以上、2つのSTF番外編ツアーを紹介させていただきました。
定員は2人もしくは3人とさせていただきます。
今後ブログとSNSを通じてツアーの日程を告知いたします。
告知がなくても、内容が気になる方は是非お気楽にお問い合わせください。
楽しいFishing Tripを一生に体験しませんか。
早速ですが今年の2月からニュージーランドツアーへ行ってきます。(*この募集は終わりました)

山陰トラウトフィッシングガイド「STF」お問い合わせ先 ご予約は下記まで
Mail:threegr0119@gmail.com 
TEL:080-8526-8756
THREE  GROUNDS 代表 松井伸吾 
平日も予約できます。*大型連休もやってます。詳しくはお問い合わせください。
ブログ: https://sanintroutfishing.com/blog/ 
山陰トラウトフィシングガイドSTF公式HP:http://sanintroutfishing.com/ 
Facebook:https://www.facebook.com/stfguide 
Instagram:https://www.instagram.com/stfguide/

VARIVAS フィールドレポート


バリバス公式ホームページのフィールドレポートにて「2023年レポート」と題して、
2023年度の振り返りを公開しております。


レポート内容はこちらhttps://www.varivas.co.jp/cms/report/report05/?p=51855

普段使用しているバリバスのテーパーリーダーやティペット、ロッドにフォーカスを当てて解説もしております。
是非ご覧ください。

山陰トラウトフィッシングガイド「STF」お問い合わせ先 ご予約は下記まで
Mail:threegr0119@gmail.com 
TEL:080-8526-8756
THREE  GROUNDS 代表 松井伸吾 
平日も予約できます。*大型連休もやってます。
詳しくはお問い合わせください。
ブログ: https://sanintroutfishing.com/blog/ 
山陰トラウトフィシングガイドSTF公式HP:http://sanintroutfishing.com/
Facebook:https://www.facebook.com/stfguide 
Instagram:https://www.instagram.com/stfguide/

謹賀新年 2024

新年明けましておめでとう御座います。
渓流解禁まであと2ヶ月。
そう思うとあっという間ですね。


上の画像は年末に行った時の天神川水系のとある渓。


ついつい魚がいないか探してしまいますw
釣り人の性ですね。
当然ながらめちゃくちゃ冷たいので渓魚たちも岩陰でじっとしていることでしょう。
ちょっと心配なのは雪が少ないこと。
おそらく皆様も感じていることだと思いますが、年末年始の気候が暖か過ぎます。
12月中旬ごろに1回寒波がきて積雪があったのですが、それ以降は降らず気温も上がって溶けてしまいました。
この1月〜2月で再び雪が降ることを願うばかりです。


年末に訪れた「布勢の清水」


この角からコンコンと水が湧き出ていました。
水を飲んでみましたが、まろやかで甘い感じのする優しい水でした。
ここの水は鳥取地酒「日置桜」でも使われているとか…。

鳥取は各所でこういう湧水ポイント(水汲み場)があります。


豊かな水を育む鳥取の自然とその神様にお参りしてきました。
あ、あともちろん渓魚とのたくさんの出会いますように…祈願いたしました。
今年はどんなドラマが生まれるのか、今から楽しみです。
では。

カメラ:Nikon D5600 レンズ:単焦点レンズDX 35mm 1:1.8G

山陰トラウトフィッシングガイド「STF」
お問い合わせ先ご予約は下記まで
Mail:threegr0119@gmail.com 
TEL:080-8526-8756
THREE  GROUNDS 代表 松井伸吾 
平日も予約できます。*大型連休もやってます。
詳しくはお問い合わせください。
ブログ: https://sanintroutfishing.com/blog/ 
山陰トラウトフィシングガイドSTF公式HP:http://sanintroutfishing.com/ 
Facebook:https://www.facebook.com/stfguide 
Instagram:https://www.instagram.com/stfguide/

山陰トラウトフィッシングガイドブログリニューアル「STFブログ」開設!

ブログをリニューアルしました!
以前の使用していたブログのBloggerがシステムエラーの影響なのか2023年度のブログにアップした画像のほとんどが消えてしまったというトラブルが発生(2023年3月以前のブログは大丈夫です)。しばらく待ってみましたが改善の兆し無し…。問い合わせしても全く音沙汰無し。
ちょうど年も変わることだしここらで思い切って新しくリニューアルシリ(ブルグ場所を変える)ことにしました!
今後はこの新しいブログで進めてまいりますのでブックマークの程よろしくお願いします☆

今後ともどうぞSTFブログをよろしくお願いします。

山陰トラウトフィッシングガイド「STF」お問い合わせ先 
ご予約は下記までMail:threegr0119@gmail.com 
TEL:080-8526-8756 THREE  GROUNDS 代表 松井伸吾 
平日も予約できます。*大型連休もやってます。
詳しくはお問い合わせください。
ブログ: https://sanintroutfishing.com/blog/ 
山陰トラウトフィシングガイドSTF公式HP:http://sanintroutfishing.com/
 Facebook:https://www.facebook.com/stfguide 
Instagram:https://www.instagram.com/stfguide/